音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

iPodをスピーカーで聴くための装置の巻

http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/mcr-230/
ピュアオーディオ的にそれなりのレベルの小型オーディオ装置(できればiPodが接続できるもの)をずっと探していたのですが、結局ヤマハのこのコンポが良かったです。mcr-330がピアノ調の艶々塗装で見た目は美しいのですが、ピアノを弾いている人ならわかるようにホコリは目立つし指紋の汚れの始末が大変なので艶消し塗装の230を購入しました。
サウンド的には往年のヤマハNS系モニター・サウンドで、長年10Mや1000Mを使っていた身としてはほとんど違和感ありません。JapanのTin Drum聴いたら、高校時代に1000Mで初めて聴いたときの記憶が思い出されました(笑)。バスレフなのでかなりiPodを聴くとかなり中低音が膨らみますが、CDだとそれほどでもなかったり。iPodとCDとラジオくらいしか聴けないし、おそらく3万円台のミニコンポでは最も低機能なのですが、最もピュアオーディオっぽいサウンドだと思います。もう少しお金を出すとさらにスケールの大きいサウンドを出す製品もあるんですが、あくまでもサブシステムとしての購入なのでこれでいいか、という感じ。
特にスピーカーがいい感じで、10Mのハイをおとなしくしてローを伸ばしたようなバランスなので気に入ってます。予備としてもう2〜3コ買っておいてもいいかも、と思ってます*1。注意点としては、小型コンポとはいえ奥行きがかなりある(28cmくらい)ことと、けっこう重いことです。奥行きに関してはサウンドを優先して設計したらこのサイズより小さくできなかった、という感じ。営業的には軽薄短小な設計を要求されていたはずなのに、妥協しなかったのは偉いと思う。
http://panasonic.jp/compo/hc4_hc3/index.html
最初はこちらのパナソニックD-dockにしようと思っていたのですが、こちらはいかにもラジカセ風のサウンドで、ちょっとあきまへんです。デザインや操作性はかっこいいんだけどね。

*1:10Mのときに予備を持たず、製造中止になって痛い目にあった