音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

ヤマト2199の森雪が超怪しい!の巻

  • 外見がサーシャと似てる(オリジナルどおり)
  • 両親が出てこないので、「さよならは言わないわ。行ってきます!」の名セリフもカットで俺激怒w
  • ヤマト発進前後の挙動がオリジナルにないもので、ものすごく怪しい。

連れ:「1年前にイスカンダルから来た最後のシ者使者って、森雪のことじゃねえの?」

うぬぅ、参った。今回だけは、連れを尊敬しました。
と同時に、こんなことに気付かない俺バカすぎw

とりあえず、ヤマト2199の1・2話にはオリジナルにはない伏線がいくつかあり、ざっと気付いたことでも以下のとおり。

  • 2198年に、イスカンダルからスターシャ三姉妹(スターシャ・サーシャ・ユリーシャ)のうちの、末妹ユリーシャたんが地球にやってきている、ということになってるが、彼女の消息については一切説明なし。
  • 森雪はサーシャにそっくり。
  • 公開された設定に、森雪だけ出身地の記載なし。
  • 森雪は、ヤマト発進時に謎の機械を覗き込んで「必ず帰る・・・!」⇒どこに帰るの????
  • とりあえず、女性乗組員は、すべからく(誤用)怪しい。あからさまに怪しいのが森雪と、山本の妹。
  • 「ツバクカンサルマ」(オリジナルで冥王星駐在ガミラス人がしゃべった言葉)⇒謎の言語にチェンジ(ガミラスではない可能性大。理由:スターシャと同様に、デスラーは日本語をしゃべると思われるため。)
  • ロングレンジ連呼うぜえw⇒近接攻撃したくない理由があるかも?

上記伏線があまりにも興味深く、エヴァ序の旧世紀版と新劇場版でみんながやってたような「間違い探し」は、すでにどうでもよくなりました。

あ、ちなみに、作品としての評価は「可もなく不可もなく」しかし「プロセスを見せないのは、欲求不満」でございます。ヤシマ作戦ェ・・・