音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

NHKクラシック倶楽部:吉川隆弘ピアノリサイタルの巻

  • エステ荘の噴水
  • 夜のガスパール
  • ペトルーシカ
  • カンパネラ(オマケw)

圧巻でした。
内田光子以外で数種類の音色を同時並行で制御できる日本人ピアニストを久しぶりに見ました(注:最近自分は内田さん以外の日本人ピアニストの生演奏を聴いてませんw)。音楽の見通しもよく、じぶんのやりたいことが明確に伝わってくる演奏でした。日本人らしい緻密さや明晰さと、非常に高度なテクニックと、イタリア流のカンタービレがいい塩梅でフュージョンしたピアニストだと思います。テクニシャンにありがちな、ケレン味を前面に押し出すようなことがないのも好感が持てます。
なによりガスパールの掘り下げようがすさまじいレベルで驚きました。この曲の特色である同時進行する複数のパッセージを、多層的なアーティキュレーションと音色で弾き分け、なおかつ息の長いフレージングを表現できるピアニストは、ほんとうに一握りなのです。山ほど書かれた音符の関連性をしっかりと読み解いて、なおかつ理路整然と聞かせるだけのテクニックと表現力は、世界的に十分通用するレベルだと思います。
音色の幅が広いので、ペトルーシカはとても賑やかでカラフルな演奏でした。ちなみにこの曲もガスパールも全然むずかしそうではなかったのですが、なぜかカンパネラが怪しかったりするのが面白かったです。

http://www.takahiroyoshikawa.com/j/index_j.html
ホームページはこちら。写真や動画を見ればわかるようにイケメン+高身長+手が超でかいです。ルックス萌えで来たと思われる聴衆がカンパネラの前奏で拍手しちゃうのが、ちょっと惜しかったです。そしてそんな客席を見て微笑みかけ、会場に笑いが起こるキャラは人気でそう(笑)。
とりあえず、速攻でCDを注文しました。