読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

腎機能がヤバすぎるの巻

昨年から徐々に腎機能が悪くなっていたんですが、きょう病院で検査したところ、一気に悪化していたので主治医が慌てだしました。

  • クレアチニン
    • 半年前に1.0を突破してから、直線的に増加。いま1.26。上がってはいるものの、まだまだ腎不全まではいかない。
  • 尿糖
    • 2月から出始めて、+ → ++ → ++++と大出世。いま1000mg/dl。つまり、100mlあたり1グラムの糖が入っているわけで、リアルに私のオシッコが甘い状態です。なお血糖値は正常なので、いわゆる糖尿病ではありません。こういう状態を「腎性糖尿」といいます。
  • 尿たんぱく
    • 2月から出始めて、+ → ++ 。いま100mg/dl。
  • β2−マイクログロブリン
    • ずっと前から出ていて、2〜3万μg/dlで安定していたものの、3月以降は6万→9万→11万と急激に増加。ちなみに正常値は350以下で、これと尿糖が主治医を慌てさせたようです。状況的には、尿細管(糸球体でろ過された尿の中から必要な成分を再吸収する器官)の障害と思われます。尿細管もいろいろあるんですが、近位尿細管がやられていて、ブドウ糖や尿酸が再吸収されません。その証拠に、血中の尿酸が激減して異常低値を示しております(笑)。

いま飲んでいる薬の副作用が原因かもしれないので、とりあえず薬が変更になりました。本当に「とりあえず」という感じで、2週間後にまた検査して治療方針を決めるそうです。薬を2つ外して、かわりに1つ追加しています。しかも変更された処方内容があまりにもトリッキーで、「そんな処方レジメンがあるんですか!?」と思わず聞いてしまいました。こういう場合って、まずは怪しそうな薬を1つやめるとか、交代させると思うんですが、いきなり2つやめるというのが衝撃的でした。
いま家に帰って検索してみたら、3年くらい前に最初に臨床試験結果が発表され、昨年末に日本でも紹介されたレジメンで、効果はいままでと同等で副作用率は下がっているようです。いや〜、知らなかったわ。勉強不足でした。
これで尿細管障害が治ると、たぶん血中尿酸が増えだすので、また高尿酸血症が復活するかも?と思ってます。う〜ん、いままでは生活改善&治療で尿酸が下がったと思っていたんですが、腎障害で下がっていたとしたらシャレにならんわ。

そんなわけで、薬を変えてしまったので、効果や副作用チェックのために通院ペースを上げなければなりません。入院にならなかっただけでも、よかったと思わないといけませんね。