音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

ヤマトよ永遠に「信じあう二人」採譜再開の巻

ヤマトよ永遠に音楽集part2に収録されている「信じあう二人」の採譜を再開しました。

 ← 革命のエチュードを練習すれば弾けるようになる。

さすがのハネケンで、やっぱり難しいけど、これは十分に弾ける範囲。ショパンの革命が弾ける人なら、弾けるのではないでしょうか。
ピアノとヴァイオリンのデュオのため、しっかりした楽譜がある演奏と思われ、出来上がりもすっきりしています。
映画の公開当時(中学生でした)は、冒頭の8小節しか弾けませんでしたwあのときの自分を「30年後にようやく弾けるなんてことにならないように、まじめにピアノ練習しろよっ!」と叱りつけたいです(涙)

自分がハネケンをクラシック系でもすごいピアニストだと認識したのは、実はこの曲からでした。
さらばヤマトとか、久保田早紀の「異邦人」などで、センスのいいうまいポピュラーピアニストだという認識はあったし、part1のサーシャの曲でもうまいなとは思ってたんですけど、本格的にこういうのが弾ける人とは思ってなかったんですよねえ。甘かったです。
ちなみにこの曲は、劇中では未使用です。ヤマトの音楽集は、そういう曲がたくさんあります。贅沢ですよね。

なお、ピアノソロ版もあって(ヤマトラプソディに収録)、そちらはほぼ全編アドリブの上、超絶技巧ぶっとばし系の弾きまくりで、あまりにも難しくて弾けないので、採譜を断念しました。無念。