読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 の巻

ネタバレありです。

追加エピソードのミノフスキー博士亡命事件にかなり尺を取ったのが印象的でした。このエピソードの間はテム・レイ目線で描かれたのがおもしろかったです。テム・レイが優秀な人であることがよくわかります。お父さん大活躍。あと、シャアとララァの邂逅も、当然のごとく十分に尺を取って描かれました。

しかしいきなり宣戦布告して開戦してしまったのは、ちょっと驚きました。
もう少し開戦準備の描写や、政治的な駆け引きの場面があっても良かったのではないかと思いますが、ドンパチだけ見たい作画オタク若年層やライトなファンのことを考えると、十分すぎるほど焦らされた開戦かもしれません(汗)

シャアの正体がランバ・ラルにバレないのはおかしいだろう、というのが本エピソードにおける最大の突っ込みどころです。でもジ・オリジンではこの件に触れるのはタブーだと思うので、黙認いたします。

その他小ネタとして、アムロの小汚い暮らしっぷりとか、ブルーの縞パンとか、オヤジの留守の隙にこっそりガンダムの資料を盗み見する行動とか、ファーストガンダムのディテールをしっかりフォローしていたのが良かったです。アムロたちが乗ってたコロニー内を移動するちっこいバイクが懐かしかったです(笑)。

シリーズ全体的な感想としては、たまには懐古するのも楽しいけど、どっぷり耽溺するものではないということを、改めて意識させられました。漫画原作を存分に楽しんだ後ですから、映像を見ても再確認にしかならないことが多く、今ひとつ新鮮さに欠けてしまいます。あと最初から26話構成のアニメとしてリメイクできたヤマト2199は、極めて幸運だったんだなと感じました。

また、21世紀になってエヴァ、ヤマトとリメイクされてきましたけど、ファーストガンダムのリメイクのハードルの高さを改めて認識しました。ヤマトは例の著作権をはじめ問題山積だったと思うので、サンライズが一括して管理してるらしいガンダムのリメイクはそんなに難しくないと思うんですが、リソース(人とお金と時間)がないんでしょうかね。