音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

サイコフレームの共鳴とエキゾチック物質についての巻

タイトルは宇宙世紀ガンダムのことを書いていますが、宇宙戦艦ヤマト2202にも関わる話です。

  • 光速を超える速度での運動(いわゆる次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法、略してワープ)
  • 時間が逆行する現象
  • 時間が相対的に速く進む現象(ウラシマ効果の逆)

など、相対性理論を超越したようなギミックがありますが、物理学的にはエキゾチック物質という概念で説明できるという話を書こうと思います。

有名なエキゾチック物質は超光速の粒子であるタキオンです。あと反重力とか負のエネルギー(負の質量)といった概念も重要です。これらは時空連続体そのものを捻じ曲げたり、時空連続体に開いた穴(ワームホール)を安定化させる作用があるので、物体は光速を超えて移動できないとか、時間は相対的に減速できるが加速や逆行はできないという法則に縛られること無く、時空を自由に移動することができます。

ガンダムNTにおいて、ガンダムUCの最終話におけるサイコフレーム共鳴の結果として起きた武力無効化は、部分限定的な時間逆行の結果であるということが説明されました。つまり虹の光の正体は負の質量を持つエキゾチック物質であり、その拡散が超常現象を引き起こしたという見解になります。
また共鳴に伴う莫大なエネルギー放出もエキゾチック物質で説明可能です。理論的にはエネルギーを使わずに無限に加速できるので、フェネクスの亜光速移動も説明可能です。(フェネクスはワープすら可能でしょう)

なおガンダムNTでは共鳴の結果として起きた現象については説明されるものの、共鳴が起きるメカニズムがわからないしコントロールもできないので、こんな恐ろしいものは使っちゃダメという結論になっていきます。

以上より、ガンダムNTニュータイプ論は、オールドタイプとは時空連続体に縛られたヒトであり、ニュータイプは(死者の魂のように)時空連続体を超越した高位の意識を持ちつつ、時空連続体の中に存在できるヒトということになりますシャアはオールドタイプのことを重力に縛られた人間という表現をしていましたが、この認識は中途半端と言わざるを得ないところがあり、図らずもシャアがニュータイプとして未熟ということを証明してしまったようなセリフだと思います。

宇宙戦艦ヤマト2199/2202に登場するコスモリバースシステム(CRS)も時間逆行の仕組みということがわかります。むやみ時間を逆行させるのは危険なので、制御のために死者の記憶を利用するというかなり邪悪なシステムですが、生きているヒトは時空連続体の中の存在なので、この仕組みをコントロールできないのです。そのため死者の記憶が存在しない場合は時間逆行機能は失われ、エネルギー増幅機能のみとなります。

また、CRSで時間逆行させて地球の環境を復活させた結果の副作用として、時間が加速された空間(時間断層)が出現します。これは時間逆行と対になる現象です。両者を足すとゼロになるはずなので、時間断層はいずれ消失すると予想されます。ヤマト2202のストーリーの中で消失させるかもしれませんが、残しておけば間違いなく続編での強力な伏線として使えます。

ところで、ヤマト2202では波動エネルギーの共鳴でメカが動かなくなるという現象が起きていました。もうおわかりですね、ガンダムUCでの武力無効化に極めて近い現象ということになります。

つまり福井晴敏さんはエキゾチック物質や、死者の魂が時空を超越した高次の存在になるという設定を、ガンダムとヤマトの両作品で使ったということになります。一粒で二度おいしいですね(๑´ڡ`๑)