音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

ロジェ・ムラロ ピアノリサイタル@トッパンホールの巻

近年のフランス系ピアニストには優れたテクニックを持った人が複数いますが、ムラロ氏そのうちの一人です。CDはいろいろ持っていて、主観的なショパンには違和感がありましたが、ラヴェルドビュッシーの演奏は極めてオーセンティックです。以前の日本の公演はNHKで放映されていて、これがよかったのでリサイタルに行きました。

harnoncourt.hatenablog.com

 

プログラム
モーツァルト ピアノソナタ K310
ラヴェル 鏡
ショパン 前奏曲集 op.28
・アンコール J.S.バッハ(ムラロ編):《御身がともにあるならば》BWV508/ショパンノクターン第20番 嬰ハ短調 遺作

ラヴェル「鏡」が予想以上に素晴らしかったです。強弱、音色表現の幅がとにかく広い。しかし楽曲の把握力がすさまじいので、何をやっても説得力があります。
なおピアノはこの「鏡」に合わせて調整されていたと思われ、モーツァルトソナタでは第一楽章の音色制御に苦労したり(第二楽章から良かったです)、ショパン前奏曲集はピアニッシモが抜けるなど瑕疵もありましたが些細な問題でした。

 

※今後のトッパンホールでの公演
私の好きなピアニストが続々来日します。
ティーブン・オズボーン 11/1 ベートーヴェンソナタ30~32番
アレキサンドル・タロー 11/29 フランスバロック鍵盤楽器