音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

あんまりPCに詳しくない俺が Windows 10 (バージョン1903)での sysprep についてまとめるの巻

何の因果か Windows 10 バージョン1903(2019/8月現在の最新バージョン)でUEFIベースのマスタPCを作る羽目になっていろいろ苦労したのでメモ。

※キーワード
・sysprep
UEFI
Windows ADKWindows SIM ←1903用のWSIMにバグがあって泣かされた。
Windows 10の展開(要はクローンコピーのことなのだが、もうちょっといい言葉ないのかね)

 

<概要>

  1. マスタ機となるPCにWindows 10 をクリーンインストールする。BIOSの設定はがんばれ。
  2. 監査モードでログインしてアプリをインストールしたり設定してマスタ機を作り込む。この際、決してネットワークに接続してはいけない(ベンダに確認済み。ネット接続しても大丈夫という裏技が紹介されているが、危険)。ネット接続するとsysprepで失敗する確率が高くなり、リカバリが困難を極める。
  3. 作り込みが終了したらsysprepを実施する。
  4. sysprep後はOS標準のDISMユーティリティでマスタ機イメージを吸い出して展開できる。ただしいろいろ面倒なので、GHOST(ゴースト)の利用を強く推奨いたします。

 

<OSのクリーンインストール

  1. diskpartユーティリティを使ってUEFIパーティショニングしたドライブを用意してインストールする。インストール時に対話式でUEFIパーティショニングを作成することもできるが*1、システム領域100MBで決め打ちされてしまう。しかしイマドキのPCはシステム領域260MB、リカバリ領域1000MBが標準である(複数メーカのPCで確認済み)。そこで、この設定でdiskpart用のスクリプトを用意して、Windows PEで起動したPCにスクリプトを流してUEFIパーティションを作成する。この辺は下記のMSの情報を参照のこと。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/configure-uefigpt-based-hard-drive-partitions
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/capture-and-apply-windows-system-and-recovery-partitions
  2. インストール手順は、次へ、はいはい~でOK
  3. 途中で再起動が入る。下記画面まで到達したら監査モードで起動をするためにctrl+shiftを押しながらF3を押す。これでインストール段階は終了。

    f:id:Harnoncourt:20190817181659p:plain

<監査モードでマスタ機の作り込み>

  1. 監査モードに関してはMSの情報を読んでもよくわからない。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/boot-windows-to-audit-mode-or-oobe
    だから ctrl+shift+F3 での再起動後にこのダイアログ画面が出たらシステムクリーンアップアクションで「システム監査モードに入る」を選択してOKを押すって覚えておくといい。これでもう一度再起動すると同じ画面が出るので今度は「キャンセル」をクリックする。

    f:id:Harnoncourt:20190817174755p:plain

  2. 初回起動後の準備(重要)
    1)起動後15分以内にタスクマネージャを起動し、pre-staged app cleanup を無効化する。
    2)サービスのsysmain(1809以前はsuperfetch)を停止後に無効化する。
    3)グループポリシーでWindowsコンシューマーエクスペリエンスを無効にする。
    ネット接続していなければ上記の操作は必要ないと思うが、ハードディスクがガリガリ動いたりCPUを消費するので止めることを推奨する。パスや操作方法は各自ググって。
  3. 毎回起動後の準備(これも重要)
    Administratorアカウントが無効化されているので有効にする。再起動すると無効に戻るので、毎回有効化しないとダメ。
    これを忘れてスリープするとログインできなくなります((((;゚Д゚))))

<PC設定(作り込み)のポイント>

  1. ネット接続できないのでOSのライセンスの認証がされない。このため一部の項目が設定できない。
  2. 企業の場合Active Directory配下の利用になるケースもあると思うが、当然のごとくADにつながっていないのでその関係の設定もできない。
    これらは展開後にネット接続してから実施すること。
  3. administrator以外のユーザを作らないこと。これはMSが公式にアナウンスしている。余計なユーザプロファイルを作るとsysprepで失敗するので、ビルトインadministratorで作り込めということ。
  4. ストアアプリ関係の設定は展開後に引き継がれない。ストアアプリはユーザごとにプロビジョニングされるため。
  5. 企業で使用するPCや、DTMや画像・動画などの創作をやってる人にとってはストアアプリは邪魔なので、アプリのアンインストールやパッケージの物理削除を推奨する。1つずつポチポチとアンインストールしてもいいけど、powershellでサクッと削除できる。
    ※ログインしているユーザのアプリアンインストールコマンド
    Get-AppxPackage <アプリ名> | Remove-AppxPackage 
    ※アプリパッケージそのものの物理削除
    Get-AppxProvisionedPackage | <アプリ名> | Remove-AppxProvisionedPackage -Online
    複数ユーザが利用するPCは物理削除しないと新規ユーザがログインするときにアプリが「降ってくる」(プロビジョニングされる)
    詳細は上記コマンドでググっていただきたい。
    電卓や付箋(Sticky notes)は残してもいいかも。お好みでどうぞ。

<sysprep応答ファイルの作成>

  1. マスタ機とは別のPCを用意して応答ファイルを作成すること。
  2. 下記リンクからWindows ADKをダウンロードして作成する。Windows 10のバージョンによってADKのバージョンも違う。バージョン1903 (64bit)のWSIMはバグがあってパッチが出ているので必ず適用すること。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-install
  3. 設定項目名でググるとMSの説明が出てくるし、ネット上にいろいろな情報があるけれど、Windows 10バージョン1903ではPEセクションを使わずOOBEセクションのみで設定するのが良かった。
    実はPEセクションで日本語キーボードや地域=ja-JPを設定したら sysprep 時にエラーになるケースがあった。そこでPEセクションをごっそり削除したところうまくいった。キーボードや言語・地域はOOBEに設定があれば大丈夫です。
  4. 自動ログイン設定は要注意。administratorで自動ログインさせるように応答ファイルを作成したところ、administrator以外のユーザでログインするときにプロファイルが正常に作成されずadmin以外では使えないPCになってしまった(;´Д`)

<sysprep実行>

  1. 応答ファイルを \windows\system32\sysprep にコピー
  2. コマンドプロンプト(管理者)で上記ディレクトリに移動後下記コマンドを入力。
    sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:<応答ファイル.xml>
  3. sysprep前に操作履歴やログのお掃除が推奨されていますが、どうせAdmin以外では見れないから放っといてもいいんじゃね?という気もします。

<展開>

  1. DISMでマスタ機から吸い出して逐次コピーしてもいいですが、工程数が多くなる。
  2. ということで最初に書いたように、ゴーストを使うことを強く推奨します。強く推奨ってのは「使え」ってことだから。1ライセンス2500円くらい。PC1台に対して1つライセンスが必要です。

*1:多くのブログはこのやり方で説明している

夏コミケ新刊の通販を開始しましたの巻

C96(2019/8夏コミケ)の新刊
・魂の変奏曲 vol.6(宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟+ヤマト2202音楽解説)
・Go One Step Ahead(シンカリオン音楽解説)

C95(2018/12冬コミケ)の新刊
・魂の変奏曲 vol.5(宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち+ヤマトよ永遠に)

以上の3冊の通販を開始しました。
見本も読めますのでよろしくおねがいします。

あと完売していた「魂の変奏曲」(vol.1)はPDFデータ版となりました。印刷費がかかっていないのと、これがスタート地点ということで100円でご提供中です。

https://cosmopianist.booth.pm/

アルキメデスの大戦 感想の巻(ネタバレあり)

見てきました。

全体的に登場人物が感情的になりがちで、田中泯が演じる平山忠道以外が子供の駄々を繰り広げているように見える場面があるのが残念でした。終盤になって、これは平山をラスボスに持ち上げるための演出ということがわかり、そりゃないぜ、という気分にさせられるのであります。
主人公もエキセントリックな帝大中退の人という状況から始まって、中盤以降どんどん熱血漢に変容するのがいただけないです。主人公に感情移入させようという演出の作為が丸見えであります。これも平山をラスボスに(以下略)
そんな中で、主人公の部下になる田中正二郎が極めておいしく描かれます。この人は終盤までは主人公と裏事情を共有する観客の立場で描かれます。最初は半目しているのに徐々に惹かれていって堕ちるというスキームが琴線に触れる腐ったクラスタがいるのも無理はありません。田中は終盤まで裏事情を観客と共有するにもかかわらず、ラストシーンでは裏事情を知らない立場になるという難しい役どころですが、とにかく柄本佑の演技が光ります。助演男優賞ものです。

テーマは近年流行の「太平洋戦争に敗戦した意味の再定義」で、この映画はとりわけ戦艦大和を再定義しました。
平山が大和を依り代にして日本民族を再生させる、などとうそぶくのは失笑ものであります。エヴァを依り代にして人類補完計画をするとか、重力に魂を引かれた人類を宇宙に上げることで開放するとか、できそこないの人類を全滅させて新たな知的生命体の誕生を待つとか、昔のアニメのラスボスたちと同じ妄言です。だから我々はこういうサイコパス野郎を明確に否定しなければなりません。しかしこの映画の主人公は、それができなかった最低な人間なのであります。

こういうテーマを実写版宇宙戦艦ヤマトの監督が手掛けるのです。敗戦から250年後に大和は宇宙戦艦として復活します。ちなみにこの映画の冒頭の戦闘シーンにおける大和の沈没の様子はヤマト完結編のオマージュでした。その描写は、まるで「大和はここで沈むのだ。宇宙戦艦になんかさせてたまるか」と言っているように思えます。

自分はいろいろ甘いのでラストシーンの主人公の台詞に泣きそうになりましたが、よくよく考えると主人公は美しく沈む大和を想像して射精して気持ちよさのあまり泣いたんだろうという結論に到達しました。みんな中盤からの熱血主人公像にごまかされてるけど、あいつは本来そういうレベルの変態でしょう。

夏コミケおしながきの巻

コミケのお品書きができましたのでアップします。

配置は土曜日 南2ホール オ-02bです。見本はツイッターとPixivにアップしましたのでよろしければごらんください。

f:id:Harnoncourt:20190803120553p:plain

 

【宇宙戦艦ヤマト】「コミックマーケット96 おしながき」/「コスモピアニスト」のイラスト [pixiv]

 

 

夏コミケ本の入稿終了の巻

コミケの本の入稿が終わりました。

新刊その1
ヤマト2199星巡る方舟&2202音楽総括本「魂の変奏曲vol.6 星巡るヤマト2202篇」

新刊その2
シンカリオン音楽本「Go One Step Ahead」

ヤマトの本はそれなりに時間を取って書けましたが、シンカリオンのほうは時間がなくて4日間で仕上げています。内容的にはどちらも満足のいくもので、大変だったけど頑張ってよかったです。

ライヒ Defferent Trains / Electric Counterpoint の巻

 NHK「らららクラシック」のライヒ特集で聞いて改めて良いなと思ったので、いまさらながら購入。(本当にいまさらというかんじ)
コミケ用の本の校正作業のBGMでずーっと流していたCDです。

有名な録音なので自分が解説するまでもないと思います。

Electric Counterpoint の第三楽章はかなり有名なので聞いたこともあるはず。メセニーの柔らかい音色が非常に映える曲で、ハマる人が続出したのも頷けるアルバムでございます。