音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

コミックマーケット92にサークル参加しますの巻

8月12日(土)東地区O(オー)ブロック-22a サークル名「コスモピアニスト」です。宇宙戦艦ヤマト第一作&2199の音楽解説の薄い本を出す予定です。がんばりますので、よろしくおねがいします。

ほんの思いつきで申し込んだら抽選に通ってしまいました。これでもう今年の運を使い切った感じですけど、マイナージャンルなので競争率が低かったんじゃないかと思います。

宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 発進篇感想の巻(ネタバレなし)

新宿ピカデリーでの最速上映を見てきました。ネタバレしないで広めてくれという公式のお願いに従い、ネタバレなしで感想を書きます。

1.全体像

例によって駆け足展開で、シーン転換が唐突なことが多いので、画面で起きていることの裏や省略されたもの(プロットや脚本にあってオミットされたこと)を、脳内で補完しないとわかりづらいと思います。あと第一章でも感じたことですが、2199で既出なことは既出として処理されることと、事象が起きている場所を明示的に説明しないことがあるので、唐突なシーン転換と相まって、いろいろわかりにくい構成になっています。なので、初見ではかなり面食らって、あとで頭の中が整理されることで全体像を把握できた感じです。

以上を好意的に捉えると、スピード感のある演出ということになりますが、これは旧作でのじっくり系演出や、2199におけるノスタルジー感とは全く異なっていて、新しい方法論だと思いました。おそらく2202は最後までこんな感じの演出だと予想します。

2.福井晴敏は好きなことをやっている

第二章に至って、この作品は2199の置き土産的な設定と、さらばヤマト・ヤマト2の展開を流用した、福井晴敏のオリジナル作品だという認識を強く持ちました。

第一章のときは謎の盾(実は波動防壁)とかアンドロメダ進駐式の派手な演出とか、ケレン味全開なビジュアル表現が目立ったのと、旧作オマージュ感が強いシーンが多かったため、福井氏がなにをやりたいのか今ひとつ伝わってこなかったのですが、今回は旧作オマージュはファンサービス*1に過ぎず、本当にやりたいことはそこではないというのが明確に伝わってきました。

シナリオ面では、キャラクターの主観的な描写が多かったガンダムUCとは異なり、視点を増やして多角多面的・俯瞰的に物語を見せようとしていることがわかります。ただ尺に収めるためにはカットせざるを得ない場面もあるので、その結果としてシーン転換が唐突になっているようです。おそらくシナリオ段階ではもっといろいろ書かれていてわかりやすいと思うので、2199と同様にコンテ前のシナリオの発売を希望します。

あとヤマト2199では実際の天文学的な情報が取り入れられていましたが、今回も最新の天文学の知見がチョロっと入ってきます。あれは福井さんのアイディアかな。よく勉強なさってると思いました。自分もいま非常に強い興味を持っている事象なので、まさにタイムリーなネタでした。リアルなものとしてではなく、SFギミック的に取り入れているのがヤマトっぽくていいです。実はここ、すごく書きたいんですけど、ネタバレになってしまうのでどうしても書けません。

3.その他

活動休止を発表されていた細谷佳正さんが出演なさっています。実はこれが一番心配でした。加藤の声が聞けて嬉しかったです。

ネタバレ回避するのがつらいエントリーでした。ということで、みなさん6月24日を楽しみに待ちましょう。

*1:このファンには福井氏自身も含まれます

弦楽器を打ち込むようになったの巻

自分がDTMをやるときは、リアルタイムに鍵盤を弾いてシーケンサーに記録したものをクオンタイズ*1したり、差し替えるなどしてトラックを作っていきます。打ち込み(音符の長さを指定して、音程と打鍵の強弱だけ鍵盤から入力するやりかた)は、ドラムくらいしかやってなかったんですが、弦楽器も打ち込むほうが効率的なので、打ち込むようになりました。

なぜ打ち込むようになったかというと、弦楽器をポリフォニック・モードで演奏する場合は厳密な音符の長さの制御が必要で、それが自分の演奏技術ではできないから、というのが最大の理由です。フレーズの音と音がブツ切れになってはいけないし、次の音と重なりすぎてもいけない。繊細なコントロールをしなくてはいけません。モノフォニック・モードなら、次の打鍵をすると自動的に前の音が消えるので弾きやすいんですが、INTEGRA-7の弦楽器をモノモードで弾くと不自然なニュアンスになるので、ポリフォニック・モードで弾くしかないのです。そんなわけで、音符の長さをあらかじめ指定できる打ち込みが大活躍です。

なお、管楽器はモノモードでも自然な演奏ができるので、相変わらずリアルタイム演奏でやってます。

打鍵がコントロールができないのは、実はキーボード(Roland A300 pro)自体の問題もあります。本当に弾きにくいのです。なので買い替えたいんですけど、INTEGRA-7と組み合わせるにはRoland製品の機能が必要なので我慢しております。

電子楽器界隈では、日本メーカー各社のピアノタッチ鍵盤は進化しているのに*2、軽量鍵盤はコストカットのため質が低下しています。それでも折に触れてはいろいろな鍵盤を試しています。近年良いと思った軽量鍵盤は、なんといっても Native Instruments の KOMPLETE KONTOROL です。コスト度外視の豪華仕様で、機能もタッチもすばらしいです。

*1:拍子に合わせる機能

*2:海外製キーボードはFATORというメーカーの寡占状態

デジタルピアノ&ステージピアノ新機種レビュー(2017年版)の巻

Roland RD-2000を購入しようと画策する日々を送っていますが、購入を決める前に他の機種も見ておきたいということで、たくさんの電子ピアノ・ステージピアノが比較できる島村楽器新宿店で比較試奏してきました。

ヤマハ:グラヴィノーヴァCLPシリーズ

3年サイクルで新製品を出すヤマハは、今年もスケジュール通りに新機種を発売しました。その内容は、より明確にカワイを意識したラインナップです。どういうことかというと、まず上位2機種4モデルにグランドタッチ鍵盤という、明らかにカワイCAシリーズを模倣した鍵盤を搭載し、それ以下の機種と差別化するという戦略です。黒鍵の素材も格段に良くなりました*1。これでようやくカワイと対等に渡り合えると思います。あと上位機種しか搭載していなかったベーゼンドルファーのサンプルを下位機種にも搭載したことで、下位機種も売れているそうです*2。カワイよりも演奏しやすいのが特徴だと思いますが、いい加減に弾いてもありえないほど同音連打が入ってしまうとか、甘いタッチでもきれいに鳴るとか、気持ちよく弾ける要素が満載で、自分がうまくなったと錯覚する危険性があります。ヤマハの方針(音楽をエンジョイする)には沿っているとは思います。

Clavinova(クラビノーバ) CLPシリーズ - 電子ピアノ - ヤマハ株式会社

コルグ:G1 Air

松井咲子を起用して勝負に出たらしいステージピアノです。波形はスタインウエイ、ベーゼンドルファーヤマハの3種類のサンプルを搭載しています。スタインウエイはKRONOS流用っぽいですが、強弱の段階が省略されているようで(3段階くらいしかない)、表現力が乏しいです。ヤマハも同様。女性をターゲットにした感があり、鍵盤を撫でるような弱いタッチで弾いても芯のある音色が出る設定になっていて、その意味では弾きやすいと思います。問題はベーゼンで、これの波形だけ音色の段階数が多く、弱音の表現力が格段に高いです。柔らかい音色が好きな人は、ベーゼンで弾いたほうがいいと思います。下記のホームページでデモ演奏を聞けますが、ベーゼンだけランクが違うことがわかると思います。

www.korg.com

ローランド:RD-2000、FP-90ほか

RD-2000と同じPHA-50鍵盤を採用したことで話題のFP90は、実質的にはRD-2000のマスターキーボード機能とV-piano音源を省略し、スピーカーをつけたモデルです。スピーカーとアンプを内蔵した分だけ、RD-2000より重くなっています(23.6kg)。ということで、自分はRD-2000でなく、FP-90を購入しようと思います。これで十分なので。ローランドのピアノ製品は、PHA-50鍵盤採用モデルとそれ以外という区別が明確ですね。あとこれも話題になったKIYORAは、外観がオシャレなFP-90です。FP-90は見た目が野暮ったくて20万円超の高級感とかまったくないのですが、KIYORAの高級感は素晴らしい。サウンドデザイナーがアプリ経由というのが欠点ですね。デジタルピアノは10年くらい使えますけど、タブレットスマホはせいぜい3~4年で買い替えますし、古いアプリはどんどん使えなくなります。

www.roland.com

 

新製品ではありませんが、今回もカシオGPシリーズを試奏してきました。弱音の表現力では、やはり段違いだと思いました。次がローランドの製品で、ヤマハ、カワイになるともう弱音の表現はあまり望めません。GP-300や500を弾いていると、自然に音色や音量を意識した演奏になりますので、中級以上のピアノレスナーのかたでデジタルピアノの購入を考えている際はぜひ考慮していただきたいと思います。

*1:電子ピアノの黒鍵の素材の悪さについては、以前から多くの人が指摘しています。

*2:最初からやれよ、と思った人も多いでしょう。

ユーリ!!! on ICE から Yuri on ICE を演奏してUPしましたの巻


ユーリ!!! on ICE から Yuri on ICE を弾いてみた

タイトル曲ということで、オケまでコピーして演奏しました。「愛について~eros~」がけっこう荒っぽい仕上がりだったので、できるだけ丁寧に、繊細に弾いたつもりです。あと少々オリジナル解釈で、デュナーミク(強弱表現)をつけています。

自分は天邪鬼なので、他の人が弾いている曲はなかなか腰が重いです。この曲も、実は半年くらい前から採譜して、ドラムや弦楽器の演奏もしていたんですけど、いまごろUPになってしまいました。ピアノパートに聞き取れない部分があって、なかなかきちんとした楽譜が書けなかったのも原因です。聴取環境をAKGK240というヘッドフォンにしたところ、うまい具合にオケとピアノが分離して聞こえるようになって、なんとか採譜できました。といっても、動画に掲載した楽譜は何箇所か間違ってて、演奏のほうが正しいです(とほほ)。

DTM的にはドラムパートがポイントです。スネア5種類、シンバル6種類、ハイハット4種類を使い分けてます。INTEGRA-7のSNドラム音源は、叩く強弱で音色がスムーズに変化するので、こういう繊細なプレイに向いていると思います。録音とミックスはDigital Performerで、96kHz/24bitベースで作業しました。いままでDPではMIDIデータにはほとんど手を入れなかったんですけど、今回は弦やドラムで細かい修正をやってます。全体的にフォントサイズが小さくて(9ポイントだらけ)、老眼にはつらいソフトだとしみじみ感じました。

ボンクリ・フェス2017 スペシャル・コンサートの巻

現代音楽作曲家の藤倉大さんがディレクターを務めた演奏会に行ってきました。概要は下記ホームページを参照。

ボンクリ・フェス2017 スペシャル・コンサート 東京芸術劇場

内容は、藤倉さんが好きな曲を、できるだけオリジナルに近い形で演奏するというもので、取り上げられる楽曲も坂本龍一デヴィッド・シルヴィアンといったポップスから、武満まで多岐にわたりました。

印象的だったのは、坂本龍一の最新アルバム async から演奏された "tri" です。tri = 3、トライアングル、三位一体、などさまざまな意味があると思いますけれども、原曲通りに3名のトライアングル奏者による生演奏で、非常にテンションが高く、ピリッとした空気感が素晴らしかったです。

あとオリジナル編成で演奏された武満の雅楽風の曲など、気になった曲もいくつかありましたが、やはり初体験ではなかなか楽しむことができませんでした。何度もasyncを聞いて予習ができていた "tri" はとても面白く聞くことができたので、やはり音楽を楽しむには事前準備が必要と感じた次第です。一発でサウンドを聞いてもなかなか楽しめない(なじめない)のは、現代音楽に限らないとに思います。

新世紀エヴァンゲリオン DEATH(TRUE)2 BGM「AIR」を弾きましたの巻


新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 AIR より「AIR」を弾いてみた

※突然こんな曲を弾いてしまった経緯

  1. マルティン・シュタットフェルトショパンエチュードのジャケットがポゴレリッチそっくりで驚いて買う。
  2. 聞く→よい。大人っぽいというか、プロっぽい演奏になった。
  3. シュタットフェルト、ちょっとすごくない?
  4. バッハ平均律集をいつのまにか録音してるので、あわてて買う。
  5. 聞く→これもよい。
  6. イギリス組曲も録音していたので、買う。
  7. 聞く→とっても良い。
  8. イギリス組曲のCDの最後になぜかAIRが収録されていて、とてもいいアレンジ&いい演奏だったので、弾きたいモード発動。
  9. アレキサンドル・シロティ編曲ということでIMSLPに楽譜があったので、ダウンロードして弾く←イマココ。

なぜかホモフォニックな曲だと勘違いしていて、楽勝で演奏できるだろう思っていましたが、しっかり3声で地味に難しかったです。なお、細かなところで楽譜を改変して弾いています。たとえば、繰り返しのときに「ファミファ~」と弾き始めていますが、これは弦楽器ではやらないフレーズで、鍵盤楽器的(チェンバロ的)な奏法です。自然に出てしまいました。演奏中はエヴァのことが思い出されて、ともすると感情的な演奏になりがちで、セーブするのが大変でした。

あと、ついでに平均律集1巻のホ短調のプレリュードとフーガの練習を始めてしまいました。シュタットフェルトショパンエチュードを買わなかったら、バッハを弾くなんてことにならなかったので、人生何があるかわかりません。

 ※AIRの楽譜は下記リンク先にあります。

https://imslp.org/wiki/Special:ImagefromIndex/09510/wc13

 

CHOPIN

CHOPIN

 

 これがポゴレリッチそっくりなジャケット。ショパンエチュードに即興演奏のコラールを追加して24曲+アルファの組曲にしてしまったという企画盤。クリックするとamazonに飛んで、私が書いたレビューが読めます。アフィリエイトとか貼ってないのでお気軽にどうぞ。

 

Classic CD, Martin Stadtfeld - Bach: English Suites Nos.1 - 3 BWV 806-808[002kr]

Classic CD, Martin Stadtfeld - Bach: English Suites Nos.1 - 3 BWV 806-808[002kr]

 

 AIRの入っているイギリス組曲です。輸入盤や国内盤があってお値段が違うので、購入される際は最安のものをポチってください。

 

ショパン:4つのスケルツォ

ショパン:4つのスケルツォ

 

 こちらは本物のポゴレリッチ先生。このスケルツォは聞く人の神経を逆撫でするような、非常に個性的な演奏です。