音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

きのう何食べた? サントラから「小日向さんとジルベール」を耳コピして演奏&UPしましたの巻


よしながふみ原作ドラマ きのう何食べた? サウンドトラックより「小日向さんとジルベール」を弾いてみた:楽譜付き

ABAC終わり、という構成で尻切れトンボな感じの曲ですが、大真面目に弾くのも面白いと思ってやってみました。ジルベールということで力強いフォルティッシモを封印して、繊細さを意識しました。私の辞書にはない言葉なので大変でした。

きのう何食べた?はシンプルなピアノソロ劇伴が複数あって面白いのでもう少し弾きます。すでに採譜済みのものもあったりします。

「プロメア」オリジナルサウンドトラックから -RE:0- を演奏してUPしましたの巻


「プロメア」オリジナルサウンドトラックより - RE:0 -を弾いてみた:楽譜付き/ PROMARE ORIGINAL SOUNDTRACK - RE:0 - with sheet music

 

エコーが欲しかったのでヤマハMONTAGEのCFXで弾きました。イントロを弾いただけで「うわ、ホンモノだ!」という感じのサウンドだったので、気持ちよく演奏することができました。

MONTAGEのCFXはベロシティ=94でフォルテの判定になって波形が切り替わる(ガクッと音色が変わる)ので、93~94を行ったり来たりすると不自然になりがちです*1。いままでそこに苦労していました。特にフレーズの途中でタッチが弱くなって、94以上で弾き続けられないことが多かったので、今回はそこを意識して厚いタッチでしっかり鳴らすことを心がけました。
自分はMONTAGEの鍵盤でベロシティ値で15~125が出せます(規格上の最大値は127)。特に弱音が出しやすくて、ピアニッシモからフォルティッシモまで自由に操れるのですが、100段階以上を扱ういうことは生楽器なみに神経を使うのでなかなか大変です。というか、いままでラクをしすぎていたせいですね。反省しましょう。

*1:この特性は、ハンマーが固めになったヤマハのグランドピアノにそっくり。

宇宙戦艦ヤマト2202の続編についての巻

ファンクラブ会誌や公式のツイッターで発表されましたが、続編の正式タイトルは「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」で、引き続き福井晴敏氏がストーリー面を担当するそうです。来年公開ということですが、たぶん単発映画になるんじゃないんでしょうか。

自分はヤマト2202の満足度が高かったこともあって、これで終わりでいいと思って続編には興味がなかったです。ですが福井さんの新作なら見たいので、その観点で接しようと思います。彼が制作に関わった連作アニメシリーズ(ガンダムUC)続編の単発映画といえばガンダムNTなので、ああいう感じの1つの出来事に関わる人々の物語を描くスピーディな展開だったいいなあとか、ちょっと期待しています。

ヤマトシリーズの旧作の続編群は、当時は喜んで見ていたんですけど、考証が雑だったり、ご都合主義な展開やキャラクター像の豹変などいろいろ問題が多かったです。それが表面化しはじめたのが「新たなる旅立ち」です。完結編以降は、ヤマトが好きだということを公言するのを憚れるような状況だったので(実は今も引きずっている)、またあの思いをすることがないように、少し離れたスタンスになろうと思います。←予防線を張る。

ヤマト2202で登場したAI技術を突き詰めていくと暗黒星団帝国になるのですが、続編になると敵として新たな知的生命体が次々登場する展開はもう心底ウンザリで、この流れから逃れることができるかどうかが正念場だと思ってます。

っていうかヤマト2520のリメイクしてほしかった。できれば主役の声優(錦織一清@少年隊)は変えないで。

きのう何食べた?のナカムラヤの曲やらおっさんずラブのRevivalを弾きましたの巻

まずナカムラヤ。これは複数のかたからリクエストをいただいたので、それにお応えしました。


ドラマ「きのう何食べた?」より ナカムラヤのテーマ を弾いてみた:楽譜&歌詞つき

当初は原曲の音を丁寧に拾ったんですがあまりにも弾きにくかったのでボツにして、原曲のニュアンスをなるべく尊重しつつ、変ロ短調を生かして伴奏の音の配置を工夫することで跳躍フレーズを弾きやすく改変しました。

 

次にRevival。
TV版のときにも演奏してみた動画でUPしているピアノバージョンが劇場版のいいシーンで流れて、確認のために2回目を見たらその場面で泣けちゃったので再度弾くことにしました。ジャスティスいいやつなんだ。
前回は採譜にミスがあったり、楽曲の把握が不十分で及び腰な演奏になっていたので、地に足がついた演奏表現を心がけました。ヤマハMONTAGEのCFXの素晴らしい音色を堪能して下さい。


劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD 主題歌& BGM 「Revival」ピアノバージョンを弾いてみた:楽譜付き

 

ムック本を読んだら、この曲が流れた場面は自分が学生時代に住んでいたところの近くでロケしたということで、思い入れもひとしおです。

劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD を見てBGMを弾きましたの巻(ネタバレ)

脚本はメチャクチャ。でもいろんなドラマや映画のオマージュがふんだんに入っていて、笑いあり涙ありの楽しい映画でした。

ある場面で流れた曲がたまたま練習中だったので、録音してUPしてしまいました。こいつまた映画見て弾いてる~という感じですね。この曲はネタバレだと思うので、映画をご覧になっていないかたは見ないでください(汗)


劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD のBGMを弾いてみた:楽譜付き

2曲弾いてます。どちらも難しいところでテンポを落としたかと思えば逆に走ったりして、いろいろ安定しませんがご了承ください。

あんまりPCに詳しくない俺が Windows 10 (バージョン1903)での sysprep についてまとめるの巻

何の因果か Windows 10 バージョン1903(2019/8月現在の最新バージョン)でUEFIベースのマスタPCを作る羽目になっていろいろ苦労したのでメモ。

※キーワード
・sysprep
UEFI
Windows ADKWindows SIM ←1903用のWSIMにバグがあって泣かされた。
Windows 10の展開(要はクローンコピーのことなのだが、もうちょっといい言葉ないのかね)

 

<概要>

  1. マスタ機となるPCにWindows 10 をクリーンインストールする。BIOSの設定はがんばれ。
  2. 監査モードでログインしてアプリをインストールしたり設定してマスタ機を作り込む。この際、決してネットワークに接続してはいけない(ベンダに確認済み。ネット接続しても大丈夫という裏技が紹介されているが、危険)。ネット接続するとsysprepで失敗する確率が高くなり、リカバリが困難を極める。
  3. 作り込みが終了したらsysprepを実施する。
  4. sysprep後はOS標準のDISMユーティリティでマスタ機イメージを吸い出して展開できる。ただしいろいろ面倒なので、GHOST(ゴースト)の利用を強く推奨いたします。

 

<OSのクリーンインストール

  1. diskpartユーティリティを使ってUEFIパーティショニングしたドライブを用意してインストールする。インストール時に対話式でUEFIパーティショニングを作成することもできるが*1、システム領域100MBで決め打ちされてしまう。しかしイマドキのPCはシステム領域260MB、リカバリ領域1000MBが標準である(複数メーカのPCで確認済み)。そこで、この設定でdiskpart用のスクリプトを用意して、Windows PEで起動したPCにスクリプトを流してUEFIパーティションを作成する。この辺は下記のMSの情報を参照のこと。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/configure-uefigpt-based-hard-drive-partitions
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/capture-and-apply-windows-system-and-recovery-partitions
  2. インストール手順は、次へ、はいはい~でOK
  3. 途中で再起動が入る。下記画面まで到達したら監査モードで起動をするためにctrl+shiftを押しながらF3を押す。これでインストール段階は終了。

    f:id:Harnoncourt:20190817181659p:plain

<監査モードでマスタ機の作り込み>

  1. 監査モードに関してはMSの情報を読んでもよくわからない。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/boot-windows-to-audit-mode-or-oobe
    だから ctrl+shift+F3 での再起動後にこのダイアログ画面が出たらシステムクリーンアップアクションで「システム監査モードに入る」を選択してOKを押すって覚えておくといい。これでもう一度再起動すると同じ画面が出るので今度は「キャンセル」をクリックする。

    f:id:Harnoncourt:20190817174755p:plain

  2. 初回起動後の準備(重要)
    1)起動後15分以内にタスクマネージャを起動し、pre-staged app cleanup を無効化する。
    2)サービスのsysmain(1809以前はsuperfetch)を停止後に無効化する。
    3)グループポリシーでWindowsコンシューマーエクスペリエンスを無効にする。
    ネット接続していなければ上記の操作は必要ないと思うが、ハードディスクがガリガリ動いたりCPUを消費するので止めることを推奨する。パスや操作方法は各自ググって。
  3. 毎回起動後の準備(これも重要)
    Administratorアカウントが無効化されているので有効にする。再起動すると無効に戻るので、毎回有効化しないとダメ。
    これを忘れてスリープするとログインできなくなります((((;゚Д゚))))

<PC設定(作り込み)のポイント>

  1. ネット接続できないのでOSのライセンスの認証がされない。このため一部の項目が設定できない。
  2. 企業の場合Active Directory配下の利用になるケースもあると思うが、当然のごとくADにつながっていないのでその関係の設定もできない。
    これらは展開後にネット接続してから実施すること。
  3. administrator以外のユーザを作らないこと。これはMSが公式にアナウンスしている。余計なユーザプロファイルを作るとsysprepで失敗するので、ビルトインadministratorで作り込めということ。
  4. ストアアプリ関係の設定は展開後に引き継がれない。ストアアプリはユーザごとにプロビジョニングされるため。
  5. 企業で使用するPCや、DTMや画像・動画などの創作をやってる人にとってはストアアプリは邪魔なので、アプリのアンインストールやパッケージの物理削除を推奨する。1つずつポチポチとアンインストールしてもいいけど、powershellでサクッと削除できる。
    ※ログインしているユーザのアプリアンインストールコマンド
    Get-AppxPackage <アプリ名> | Remove-AppxPackage 
    ※アプリパッケージそのものの物理削除
    Get-AppxProvisionedPackage | <アプリ名> | Remove-AppxProvisionedPackage -Online
    複数ユーザが利用するPCは物理削除しないと新規ユーザがログインするときにアプリが「降ってくる」(プロビジョニングされる)
    詳細は上記コマンドでググっていただきたい。
    電卓や付箋(Sticky notes)は残してもいいかも。お好みでどうぞ。

<sysprep応答ファイルの作成>

  1. マスタ機とは別のPCを用意して応答ファイルを作成すること。
  2. 下記リンクからWindows ADKをダウンロードして作成する。Windows 10のバージョンによってADKのバージョンも違う。バージョン1903 (64bit)のWSIMはバグがあってパッチが出ているので必ず適用すること。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-install
  3. 設定項目名でググるとMSの説明が出てくるし、ネット上にいろいろな情報があるけれど、Windows 10バージョン1903ではPEセクションを使わずOOBEセクションのみで設定するのが良かった。
    実はPEセクションで日本語キーボードや地域=ja-JPを設定したら sysprep 時にエラーになるケースがあった。そこでPEセクションをごっそり削除したところうまくいった。キーボードや言語・地域はOOBEに設定があれば大丈夫です。
  4. 自動ログイン設定は要注意。administratorで自動ログインさせるように応答ファイルを作成したところ、administrator以外のユーザでログインするときにプロファイルが正常に作成されずadmin以外では使えないPCになってしまった(;´Д`)

<sysprep実行>

  1. 応答ファイルを \windows\system32\sysprep にコピー
  2. コマンドプロンプト(管理者)で上記ディレクトリに移動後下記コマンドを入力。
    sysprep /generalize /oobe /shutdown /unattend:<応答ファイル.xml>
  3. sysprep前に操作履歴やログのお掃除が推奨されていますが、どうせAdmin以外では見れないから放っといてもいいんじゃね?という気もします。

<展開>

  1. DISMでマスタ機から吸い出して逐次コピーしてもいいですが、工程数が多くなる。
  2. ということで最初に書いたように、ゴーストを使うことを強く推奨します。強く推奨ってのは「使え」ってことだから。1ライセンス2500円くらい。PC1台に対して1つライセンスが必要です。

*1:多くのブログはこのやり方で説明している

夏コミケ新刊の通販を開始しましたの巻

C96(2019/8夏コミケ)の新刊
・魂の変奏曲 vol.6(宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟+ヤマト2202音楽解説)
・Go One Step Ahead(シンカリオン音楽解説)

C95(2018/12冬コミケ)の新刊
・魂の変奏曲 vol.5(宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち+ヤマトよ永遠に)

以上の3冊の通販を開始しました。
見本も読めますのでよろしくおねがいします。

あと完売していた「魂の変奏曲」(vol.1)はPDFデータ版となりました。印刷費がかかっていないのと、これがスタート地点ということで100円でご提供中です。

https://cosmopianist.booth.pm/