さらば宇宙戦艦ヤマトBGM 再会(大いなる愛バリエーション)を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

宇宙戦艦ヤマトシリーズのサウンドトラック採譜&演奏も劇場版第二作の「さらば宇宙戦艦ヤマト・愛の戦士たち」に入りました。さらばヤマトの曲はあまり弾いていないこともあり、今回UPするのは15曲を超えそうです。なお、さらばヤマトをもとにしたTVシリーズ宇宙戦艦ヤマト2)の曲も入れようと思っています。

今回UPしたのは「大いなる愛」の長調パートのバリエーションになります。大いなる愛は、短調長調の2種類の旋律から成り立ちますが、さらばヤマトではそれぞれ独立した形でのバリエーションが複数作られています。

 

宇宙戦艦ヤマト音楽全集 模範演奏版「イスカンダル」を弾きましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

宇宙戦艦ヤマトの公式楽譜集の付録だった模範演奏集から「イスカンダル」を採譜&演奏してUPしました。

模範演奏集の曲をUPするのは今回が初めてではなく、5曲目になります。模範演奏はCD1枚分近い分量があります。まだまだ弾きたい曲が残っているので、これからも随時採譜して演奏をUPしていくつもりです。

この曲をもって宇宙戦艦ヤマト第一作の楽曲の演奏はいったん終わりで、次はさらば宇宙戦艦ヤマトの楽曲に取り組む予定です。

ちなみに「いったん終わり」というのは、また再開する予定があるということです。

宇宙戦艦ヤマトBGM「ショッキングなスカーフ」を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

これも宇宙戦艦ヤマト第一作の25話で使われた曲です。25話は大好きなエピソードなので取り上げる曲も複数になってしまいました(笑)

後半がずっとトレモロ奏法なので練習曲みたいな感じですね。

 

宇宙戦艦ヤマトBGM「ヤマト乗組員の行進」を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

この曲はタイトルのとおり、ヤマト第一作でヤマトが発進する前に地下都市で乗組員のパレード&行進が行われたときに流れました。ところがヤマト2199ではパレードがないためこの曲を使うシーンそのものがなくなってしまいました。しかしヤマト2205新たなる旅立ちでパレード行進シーンが出てきて、めでたくこの曲も使われたのでした。

アレンジ&録音は非常に難航しました。
当初は、誰にでも弾きやすいアレンジを意識して書いたossiaのフレーズで録音したのですが、躍動感に乏しい上に演奏自体もあまり良くなく情けない仕上がりで、久しぶりにボツ曲になってしまいそうでした。しかし人気のある曲ですし、ここまで時間をかけてお蔵入りにしてしまうのはもったないので、原曲のベースラインを意識してピアノで弾ける形に伴奏を作り直して改めて録音しました。結果として演奏の難易度が上がってしまったとはいえ、賑やかなで元気な雰囲気に仕上がったので出来栄えとしては満足しております。

宇宙戦艦ヤマトBGM さわやかに降る星 を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

カロリーの高い曲が続いていたので、息抜きというか軽いものを弾いてみました。
とはいうものの、この曲は使用場面が少ないレア曲です。ヤマト第一作ではヤマトの重力制御が効かなくなって乗組員が宙を舞う場面などで使われていますが、それ以降の作品ではほとんど使われず、ヤマト2199でもサントラ盤には収録されたものの劇中での使用場面がなかったと思います。

ピアノはいつものIvory II Amrican Dです。この音源は高音域を弱音で弾いた際に打鍵ノイズがかなり入るので、-24db/octのハイパスフィルターで350Hz以下をカットしています。

今日はこの曲以外にも2曲の採譜をしているので、よく頑張ったと思います。

宇宙戦艦ヤマトBGM 「哀しみのBG〜スターシャの愛」を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

この曲は宇宙戦艦ヤマト第1作第25話で流れたシーンが印象的でした。古代守が地球に帰ってしまうことを一人で嘆くスターシャに大して森雪が「幸せは自分の手で掴み取るものだって言ったのはあなたでしょ」と煽りまくるのです。その結果があのラストシーンなので、スターシャは雪に感謝すべきですね(笑)

宇宙戦艦ヤマトBGM 哀しみ(沖田の死)を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

言わずとしれた名シーン、宇宙戦艦ヤマト第一作の最終回で流れた曲です。

最初は第一作サントラで採譜していましたが、交響組曲や2199の演奏もエモーショナルだったので、いいとこ取りするような形で3つのバージョンを融合させた構成になっています。