Windows PCを発注しましたの巻

HPのクリエイター用デスクトップENVY TE-02になりました。

・CPU core i7-12700K
・CPUクーラー 簡易水冷サイドフロー式
・RAM 32GB
SSD 1TB PICe4.0
・グラボ GeForce 3060TI
マザボ Z690系wifiつき(よくわからんw)
・OS Windows 11 Pro

予定したより強力な構成ですが、安かったのでこうなりました。

自分はMac(主にDTM+動画作成用)とWindows(採譜やその他の作業用)の二刀流でパソコンを使っています*1Macは2年ほど前に新調しましたが、Windows PCは2015年の夏に購入したものをずっと使っています。OSはWindows 7で何も問題なかったのですが、Google Chromeがアップデート中止となるため仕方なくWindows 10以上にアップグレードしなければならず、それに伴いPCも買い替えることになったのです。

といっても、実は1年以上前からデスクトップのWindows PCの買い替えを検討していました。基本戦略は2015年のときと同様で、1~2世代前のCPUを採用したBTOで割安にする、というものです。2015年のときは第6世代coreが登場したものの、あまり性能が向上していなかったので第4世代のCPUで手を打ちました。その結果かなり安価にPCを組むことができました。今回は11~13世代のCPUから選択することになりますが、13世代は価格が高く発熱量も大きいので選択せず、11世代はアーキテクチャが古い、ということで、12世代しか選択の余地はありません。今年になってi5-13400/13500が発売になりましたが、こいつらは型番こそ13000台ですが中身は12世代ですから対象になります。特にi5-13500はi7-12700と同程度の性能がありながらも発熱が少ないということで、半ば13500で決めかけていました。

しかし発熱が少ない=消費電力が少ない=瞬発力が弱めということで、本当に大丈夫なのか心配になったので、今のPCで重い作業をしながらCPUやメモリの負荷を確認しました。

(1)MuseScore
採譜で使用するMuseScoreでフルオーケストラ数十ページの楽譜を開くのにかなり時間がかかるのですが、CPUの一部のコアが100%に張り付くことがわかりました。
(2)CLIP STUDIO PAINT
レイヤーを多用したファイルの読み込み時にCPU負荷が上がります。
MuseScoreとクリスタで良くないのは、マルチコアへの対応が中途半端な上に、マルチスレッドには全く対応できていないことです。つまり使われないコアやスレッドがあるにも関わらず、一部のスレッドが100%に張り付いてしまい結果的に足を引っ張る状況になっています。
(3)画面表示が遅い
グラボを入れずに4K画面にしているので画面表示が遅いことがあります。
(4)メモリは16GBで足りている
これは意外でした。グラボを入れていないのでメインメモリの一部がVRAMになっているはずですが、大丈夫でした。なお一番メモリを食うアプリはChromeです。どうしようもないですね。

ということで、いま困っている問題を解決するにはCPUの瞬発力とグラボが必要ということがわかりました。DTM用のiMacは5.0GHzのcore i9-10900Kと、グラボのRadeonを搭載しているので瞬発力も画像処理能力もまずまずです。なので新しいWindowsパソコンも10900Kと同程度の瞬発力があったほうがいいな、と軌道修正しました。瞬発力があるのは12600Kや12700KなどのCPUになります。K付きは発熱が大きいものの、瞬発力ということは「フルパワーは短時間だけ」ということでもあるので、core i7-12700もしくは12700K搭載でいくことにしました。

マザーボードはZ690/B660/H610から選ぶことになります。個人的にはPCIe4、wifi+blutooth、USB 3.0 gen 2x2が揃っていればどれでも良いのですが、BTOでこれが揃うのがZ690系だけです。Z690は割高で、値段を下げるためにB660かH610にすると無線関係が付きません。なので別途Wifibluetoothカードが必要になります。

CPUクーラーは12700Kの場合は簡易水冷または冷却性能の高い空冷、Kがつかない場合はそこそこの空冷にします。

メモリは今後のことも考えて32GBとします。

SSDはPCIe4.0 1TB、できれば2TBにします。

グラボはGeForce 3050にします。iMacに搭載のRadeonが3050とほぼ同等性能で十分に実用的だったからというのもあります。

あと8TBのHDDを付けます。

OSはWindow 11 Proです。リモートデスクトップを使いたいのでProが必要。

以上の構成でBTO屋の自動見積もりを使うと、Z690ベース+12700Kだと30万円弱になります。諸々を妥協してH610ベースでCPUを13500にすると25万以下でおさまりますが、Z690ベースの7割程度の性能になりそう。お値段と性能が比例しています。

こんな感じでぐだぐだ考えていたんですが、HPが福袋セールで21万円(税込み)で冒頭に書いた構成のPCを売り出していたので、サクッと買ってしまいました。

なおハードディスクは自前で増設することになります。3.5インチドライブベイが用意されているので適当なメーカーのドライブを買って装着するだけです。BTOだと8TB 5400rpmのハードディスクをつけるのに20000円以上取られるんですが、7200rpmの製品が買えそう。

*1:もう1台、出先で使う用のWindowsノートPCがある

「幻影」を演奏してUPしましたの巻:宇宙戦艦ヤマトⅢ BGM

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

前回UPした「コスモ生命体」につづき惑星ファンタムにおける不思議系BGMを演奏してみました。本物は木管楽器が入った室内楽風のアンサンブルで、中間部以外はどこか牧歌的な雰囲気もありますが、ピアノソロで弾いたら全体的に緊張感が高くなったと思います。

ファンタムにはヤマト3における重要なキーパーソンであるルダ王女が匿われているんですが、ヤマトのあとにガルマン・ガミラスの艦隊が来て、遅れてデスラーまでやってきて、と登場人物が集結してくるのでかなり尺を使い、なかなかルダ王女が登場しません。打ち切りが決まっていたはずなのに、ずいぶんノンビリした展開だなあと感じました。

「コスモ生命体」を演奏してUPしましたの巻:宇宙戦艦ヤマトⅢ BGM

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

ボラー連邦のテーマのバリエーションっぽい雰囲気の曲です。原曲はディレイなどのエフェクトがたっぷり使われていてかなり前衛的なサウンドになっているので、自分も終盤でディレイを使ってみました。

SSL X-Delayというプラグインで、先日の年末年始セールで8割引きくらいになっていたので購入したものです。自分は昔からディレイが好きなのですが、手持ちのプラグインでは使いやすいディレイがなくて悩みのタネでした。SSL X-Delayはその悩みを完全に解決してくれました。

普通に使うと音質が良くなめらかなのですが、ざらついたサウンドにすることもできますし、可能性の大きなプラグインだと思います。

今回アップした動画も、SSLのディレイとExponential Symphony(リバーブ)がなかったらこのサウンドにはなっていないです。質の高いプラグインを安価で入手できて本当に良かったと思っています。

祝福 - サウンドトラックバージョンを演奏してUPしましたの巻:機動戦士ガンダム 水星の魔女BGM

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

ヤマトではなくガンダムです。
12話がなかなかにショッキングだったので思わず採譜して弾いてしまいました。

ルダ王女のテーマを演奏してUPしましたの巻:宇宙戦艦ヤマトⅢ BGM

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

 

この曲も羽田健太郎氏がピアノを担当していますので、がんばって耳コピしました。

ここのところマスタリングはOzone 10でやっていて、マキシマイザーとVintage Limitterで音量を上げていたんですが、どちらも音量を上げすぎると歪感が発生するので今回はVintage Limitterを使わずにWavesのL2マキシマイザーを使ってみました。まずまずの結果が得られましたが、Vintage LimitterのTubeやAnalogモードのサウンドも好きなので次回は3つとも使おうと思ってます(笑)Ozoneのマキシマイザーでざっくり音量を上げて、Vintageリミッターで音色を整えてL2で最終的な音量レベルを決める、という流れになりますね。