DTM

Prophet-5で戦メリのイントロの音を作ってみたの巻

DTM

こんなことやってる場合ではないのですが pic.twitter.com/TrwozsRlOZ — コスモピアニスト (@NikHarnoncourt) 2021年9月28日 本体のセッティング ・OSC1は矩形波、OSC2は三角波・OSC1をOSC2より2オクターブ高く・Poly-ModでOSC2→フィルターへモジュレーショ…

Prophet-5の使いこなし:その1 WHEEL-MODによるノイズモジュレーションの巻

DTM

ねんがんのProphet-5を入手したので備忘録を兼ねて使いこなしをメモしていきます。今回はWHEEL-MODによるノイズモジュレーションです。 WHEEL-MODはメインパネル左下のセクションになります。 モジュレーションのソースとしてLFOとNOISEを使うことができます…

Prophet-5 Rev.4 を買いましたの巻

DTM

ちょっとお安くなっていたので、思い切って買いました。 音を出し始めてすぐ同時発音数が足りないことに気づいて(いまさら)、「しまった、Prophet-10にしておくべきだったかも」と思いましたが、それは両手でピアノを弾くようなプレイをしていたためでした…

シン・エヴァンゲリオン劇場版・惑星大戦争 BGM 激突!轟天対大魔艦 を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp シンエヴァと惑星大戦争の両方のサントラを聞きながら作りました。スコアはシンエヴァのサントラに沿ったもので、エリック宮城さんの派手なトランペットも入っています。ただシンエヴァのサントラも、エリックさんのトラン…

鬼滅の刃 無限列車編 主題歌 -炎- オーケストラアレンジで演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp 無限列車編の音楽をいろいろUPしてきましたが、ひとまずこれで終わりにするつもりで主題歌の炎を演奏してみました。 旋律に同音連打が多く、その部分をいかに自然に、音楽的に奏でさせることができるか?というのが焦点で…

Clavia Nord Piano 3を手放してNord Lead 4を買った件についての巻

DTM

とても良いシンセです。(結論) MONTAGE 8の購入に伴ってNord Piano 3を手放したのでNordの音が恋しくなっていました。昨年の夏以降Nord Lead 4(NL4)の価格がNord A1並に下がったので、暮れにNord Lead 4を購入しました。 ずっと愛用しているヤマハreface…

鬼滅の刃 遊郭編PVのBGMを演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp タイトルのとおりです。こういうEDMっぽい打ち込みの曲は初挑戦で、最初のうちはまったく作業が進まず果たして自分にできるのだろうか?と心配になってきましたが、なんとかできました。今回はリズム隊以外は全部ハードシ…

劇場版鬼滅の刃 無限列車編逃げる猗窩座に向かって炭治郎が叫んだ場面のBGMを演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp 後半が炭治郎の歌なので、前半だけ聞き取ればなんとかなる!と思ってがんばって聞き取って、聞き取れなかった部分は適当に補完して仕上げました。いままで耳コピしてきた曲は上モノはだいたい聞き取れていたのですが、今回…

鬼滅の刃 無限列車編より猗窩座(あかざ)vs.煉獄さん戦闘シーン最終局面のBGMを演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp またまた劇場版鬼滅の刃無限列車編の劇伴です。なかなか音楽が聞き取れなかった場面でしたが、基本的にアレンジのパターンがこれしかない(三連符の弦、パーカションドカドカが基本)ということに気づいたら聞き取れるよう…

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編のアバンタイトル曲を演奏してUPしましたの巻

www.youtube.com www.nicovideo.jp 鬼滅無限列車編のアバンタイトルの曲は「炎」のアレンジだということは誰でもわかると思いますが、映画を見ながら劇伴を耳コピするのは至難の業でした。しかし、鬼滅の刃オーケストラコンサート~鬼滅の宴~のアンコールで…

ストリングス音源レビューの巻

DTM

自分は弦楽器オタクで、長年に渡りいろいろなストリングス音源を使ってきましたのでレビューします。自前で演奏した動画があるものはリンクを付けています。 最初に結論を書くと、生オーケストラの弦楽器をシミュレートする用途では現状では LA Scoring Stri…

ここがいいよ&ダメだよIvory II American Dレビューの巻

Ivory II American Dを使い始めてけっこう経ちました。おおむね好きといえる音源ですが欠点も見えてきたのでまとめてレビューします。これから購入する人の参考になればと思います。 1.いいところ 音像が大きい上に低音域がよく伸びているので、クラシック…

DTM関係ブラックフライデーセールの巻

DTM

今年になってソフト音源に移行したばかりで定番のDTMプラグインを持っていないので、そのへんを揃えることを目的にリサーチしています。(随時追記) ※今回のセールですでに購入済みのもの Waves HORIZON定番のエフェクトツールバンドルです。iZotopeの Neut…

Prophet-5やREPRO-5の使いこなし:ポリ・モジュレーションの巻

DTM

Poly-Mod この画像はProphetだとPoly-Modというセクションに相当します。ProphetやREPROのこのパラメータの使い方がわからないという人がいるので、備忘録を兼ねてまとめておきます。 1.何ができるのか? 電子回路的に説明するとSOURCEの出力をDESTINATION…

Digital Performer 10.13 が10月13日にリリースされていたの巻

DTM

h-resolution.com 自分はDP(Digital Performer)でDTMをやっているのですが、バージョンアップは常に先送りで、最新のバージョン10にしても10.11が出てからアップデートしました*1。しかし今回のバージョンアップはVEP(Vienna Ensemble Pro)との連携が強…

u-he REPRO-5 で坂本龍一 フォト・ムジークを演奏してUPしましたの巻

DTM

【祝・Prophet-5 Rev.4発売】u-he REPRO-5で坂本龍一フォト・ムジークを演奏してみた:サウンドストリート電気的音楽講座 www.nicovideo.jp Prophet-5クローンのu-he REPRO-5でやってみました。reface CSでやったときの楽曲データを流用しましたが、全体的…

u-he REPRO-5 でフォトムジーク(坂本龍一)をやりはじめたの巻(その2)

DTM

ドラム以外はひととおり終了。まだ微調整はあると思うけれど、エフェクトを含め原曲のサウンドをかなり忠実に再現できたので良かったです。前回のreface CSでかなりそっくりなサウンドを作ってしまったので、それを上回らなければならないというのはけっこう…

u-he REPRO-5 でフォトムジーク(坂本龍一)をやりはじめたの巻(その1)

DTM

u-he REPRO-5でフォトムジークを作り始めました。これも新しいDTMシンセを購入したらやる儀式のようなものです。演奏データは以前reface CSでやったときのものをそのまま流用しているため、基本的には音色だけを揃えればよいのですが、コンピュータのOSが変…

Prophet-5が再販売されるのでU-he REPROを買いましたの巻

DTM

先週末、YMOおじさんを中心として全世界のDTMer界隈が騒然としたニュースが、伝説のシンセサイザーProphet-5(P5)の再販売です。オリジナルはとっくに製造中止の上に、Prophet-6という後継機があるのでP5は再販の予定がないと公式にアナウンスされていたこ…

DAWが重い人にはVEP(Vienna Ensemble Pro)をおすすめしますの巻

DTM

sonicwire.com <要約> ・Vienna Ensemble Pro(VEP)はソフト音源などをDAWから切り離して扱うことができる、DTMプラグインのホストアプリケーションです。・VEPの上に仮想のミキシングコンソールを作ってソフト音源をマルチチャンネルで再生できます。・…

大容量音源でもサクサク動く理由=NVMe SSDの巻

DTM

新しいDTM環境で大容量音源がサクサク動いている理由を聞かれたので書いておきます。 NVMeという規格のSSDに音源を入れているからです。 従来のSATA規格のSSDと比較して、NVMeは読み出しが6倍、書き込みが3倍程度に高速化しています。DTMブログを見ると、OS…

ストリングス音源も吟味中の巻

DTM

現状、総合オーケストラ音源をいくつか所有していますが、そこになにか専用音源を追加するとなると、まずはストリングス(弦楽器)なのです。サウンド的には総合音源でも満足しているものの、奏法切り替えの打ち込みがかなり面倒です。通常の音源は、楽器が…

新しいiMacでのDTM環境構築ほぼ終了の巻

DTM

iMac 2020(27inch)でのDTM環境構築がほぼ終わりました。できなかったのはDomino(Windowsのシーケンスソフト)をエミュレーションで動かすことで、masOS Catalinaでは無理みたいなので断念しました。 あとは新しく購入したソフト音源をチューニングしつつ…

ピアノ音源も吟味中の巻

Ivory II American Dをかなり安く買えたので、もう少し新しいところの音源はないかと吟味しています。アコースティックピアノはDTM音源としてはかなり競争が激しいジャンルなので、5万円弱でソロでの演奏でも耐えられるクオリティの音源があります。 Vienna …

DTM用のオーケストラ音源調査の巻

DTM

UVI Orchestra Suiteが物足りないので(なにが足りないのかは後述)、他のオーケストラ音源を調査しています。巷のDTMブログはメジャーなものが紹介されることが多いのですが、そうではないところでなかなか良いものがあったのでメモしておきます。 Vienna I…

macOS Catalina でのDTMセットアップで苦労するの巻

DTM

iMac 2020を購入してDTM関係のセットアップを進めていますが、OSが最新のCatalinaで、DTM関係のソフトもようやく対応版が揃ってきたような状態なのでいろいろ苦労しています。 そうはいっても、さすがにヤマハやローランドといった日本メーカーはマニュアル…

Ivory II American Concert D を買ったので使ってみましたの巻

Ivory II American Concert D がセールで12000円(税抜価格)だったので思わず買ってしまいました。さっそく新しいiMacにインストールして、以前INTEGRA-7のピアノ音色で演奏した曲のMIDIデータで鳴らしてみました。 シン・ゴジラ Who will know (24_bigslow…

UVI Orchestra Suite 使いこなしの巻

DTM

UVI Orchestra Suite を購入して1曲演奏したものの、地味に使いにくい面があったので対処法などをメモ。UVIだけでなく、多くのサンプル音源に対して同じことが言えると思う。 音量が不足しがちな件ノーマライズで音量を上げればよい。場合によってはコンプ…

もうじきiMacが届きます&今後の予定の巻

harnoncourt.hatenablog.com こちらの日記で発注していたiMacですが、セキュリティの問題でクレジットが通らなかったのでいったんキャンセルして、内蔵SSDを4TBに増量して再注文しました(今度はクレジット会社に連絡して通してもらいました)。そんな経緯が…

ヤマトよ永遠に 音楽集PART 2 -サーシャ(澪)に捧ぐ- を演奏してUPしましたの巻

ヤマトよ永遠に 音楽集PART 2 -サーシャ(澪)に捧ぐ- を演奏してみた(楽譜付き) 久しぶりにオーケストラつきのピアノ曲を演奏してみました。トランペット、ホルン、チューバに先日購入したばかりのUVI Orchestra Suiteという音源を使っています。ピアノ…