Digital Performer 10.13 が10月13日にリリースされていたの巻

DTM

h-resolution.com 自分はDP(Digital Performer)でDTMをやっているのですが、バージョンアップは常に先送りで、最新のバージョン10にしても10.11が出てからアップデートしました*1。しかし今回のバージョンアップはVEP(Vienna Ensemble Pro)との連携が強…

u-he REPRO-5 で坂本龍一 フォト・ムジークを演奏してUPしましたの巻

DTM

【祝・Prophet-5 Rev.4発売】u-he REPRO-5で坂本龍一フォト・ムジークを演奏してみた:サウンドストリート電気的音楽講座 www.nicovideo.jp Prophet-5クローンのu-he REPRO-5でやってみました。reface CSでやったときの楽曲データを流用しましたが、全体的…

u-he REPRO-5 でフォトムジーク(坂本龍一)をやりはじめたの巻(その2)

DTM

ドラム以外はひととおり終了。まだ微調整はあると思うけれど、エフェクトを含め原曲のサウンドをかなり忠実に再現できたので良かったです。前回のreface CSでかなりそっくりなサウンドを作ってしまったので、それを上回らなければならないというのはけっこう…

u-he REPRO-5 でフォトムジーク(坂本龍一)をやりはじめたの巻(その1)

DTM

u-he REPRO-5でフォトムジークを作り始めました。これも新しいDTMシンセを購入したらやる儀式のようなものです。演奏データは以前reface CSでやったときのものをそのまま流用しているため、基本的には音色だけを揃えればよいのですが、コンピュータのOSが変…

新・エヴァンゲリオン解説:第四回 月面の棺の渚カヲルとアダムス、およびアダムスの器の巻

あいかわらずシン・エヴァンゲリオン劇場版の公開日が決まらない日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 自分はアダムスの器が気になって仕方がないので、全記録全集を読み直していたのですが*1、そこでいろいろ情報を得ることができました。*2 エ…

Prophet-5が再販売されるのでU-he REPROを買いましたの巻

DTM

先週末、YMOおじさんを中心として全世界のDTMer界隈が騒然としたニュースが、伝説のシンセサイザーProphet-5(P5)の再販売です。オリジナルはとっくに製造中止の上に、Prophet-6という後継機があるのでP5は再販の予定がないと公式にアナウンスされていたこ…

ヴァイオレット・エヴァーガーデン サントラのAdamantine Dreamsを演奏してUPしましたの巻

ヴァイオレット・エヴァーガーデンBGM Adamantine Dreamsを弾いてみた:楽譜付き 劇場版が話題になっていたので見に行って、ついでにTV版サントラを購入したのでその中のピアノ曲を弾いてみました。 ピアノは前回に引き続き Ivory II Amrican D ですが、音色…

DAWが重い人にはVEP(Vienna Ensemble Pro)をおすすめしますの巻

DTM

sonicwire.com <要約> ・Vienna Ensemble Pro(VEP)はソフト音源などをDAWから切り離して扱うことができる、DTMプラグインのホストアプリケーションです。・VEPの上に仮想のミキシングコンソールを作ってソフト音源をマルチチャンネルで再生できます。・…

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか サントラ曲を準備中の巻

羽田健太郎氏のピアノが聴ける「揺れ動く心」という曲です。愛おぼファンにはおなじみの名曲です。 マクロス愛おぼ劇伴「揺れ動く心」採譜終わり。Amに転調したあとのEm7-5がめちゃくちゃ泣けるコード。それにしてもこのピアノが全部アドリブだと思うと本当…

ドビュッシーのアラベスク1番を演奏してUPしましたの巻

Debussy - Arabesque No.1 (sheet) ドビュッシー アラベスク1番(楽譜付き) アラベスク1番は比較的難易度が低い曲で、初心者でも手が届きます。自分も10歳になる前に弾き始めて、中学生のころにはかなり弾けていました。ただ表現を考えるようになったのは…

クリストフ・ルセ(Cemb.)のバッハが素晴らしいですの巻

この1年くらい、バッハの鍵盤楽器曲はルセしか聴いていないほどハマっているのにブログにはまったく書いていなかったので慌てて書きます。 きっかけは、某所でアマチュアが弾くツェルニーの練習曲のように正確無比な演奏を身上とする某チェンバリストが変な…

いまさら QLSO Platinum Plus を購入したの巻

なぜって、EastWest製品がセールで60% OFFだったからです(値引きに弱い)あと全部入り(ソロ楽器も入っている)だとか、サラウンドマイクの音があってリバーブ要らずだとかHollywoodシリーズとの差異も気になっていたので、日本円で5万円以下ならOKだと判断…

大容量音源でもサクサク動く理由=NVMe SSDの巻

DTM

新しいDTM環境で大容量音源がサクサク動いている理由を聞かれたので書いておきます。 NVMeという規格のSSDに音源を入れているからです。 従来のSATA規格のSSDと比較して、NVMeは読み出しが6倍、書き込みが3倍程度に高速化しています。DTMブログを見ると、OS…

ストリングス音源も吟味中の巻

DTM

現状、総合オーケストラ音源をいくつか所有していますが、そこになにか専用音源を追加するとなると、まずはストリングス(弦楽器)なのです。サウンド的には総合音源でも満足しているものの、奏法切り替えの打ち込みがかなり面倒です。通常の音源は、楽器が…

新しいiMacでのDTM環境構築ほぼ終了の巻

DTM

iMac 2020(27inch)でのDTM環境構築がほぼ終わりました。できなかったのはDomino(Windowsのシーケンスソフト)をエミュレーションで動かすことで、masOS Catalinaでは無理みたいなので断念しました。 あとは新しく購入したソフト音源をチューニングしつつ…

ピアノ音源も吟味中の巻

Ivory II American Dをかなり安く買えたので、もう少し新しいところの音源はないかと吟味しています。アコースティックピアノはDTM音源としてはかなり競争が激しいジャンルなので、5万円弱でソロでの演奏でも耐えられるクオリティの音源があります。 Vienna …

DTM用のオーケストラ音源調査の巻

DTM

UVI Orchestra Suiteが物足りないので(なにが足りないのかは後述)、他のオーケストラ音源を調査しています。巷のDTMブログはメジャーなものが紹介されることが多いのですが、そうではないところでなかなか良いものがあったのでメモしておきます。 Vienna I…

macOS Catalina でのDTMセットアップで苦労するの巻

DTM

iMac 2020を購入してDTM関係のセットアップを進めていますが、OSが最新のCatalinaで、DTM関係のソフトもようやく対応版が揃ってきたような状態なのでいろいろ苦労しています。 そうはいっても、さすがにヤマハやローランドといった日本メーカーはマニュアル…

Ivory II American Concert D を買ったので使ってみましたの巻

Ivory II American Concert D がセールで12000円(税抜価格)だったので思わず買ってしまいました。さっそく新しいiMacにインストールして、以前INTEGRA-7のピアノ音色で演奏した曲のMIDIデータで鳴らしてみました。 シン・ゴジラ Who will know (24_bigslow…

UVI Orchestra Suite 使いこなしの巻

DTM

UVI Orchestra Suite を購入して1曲演奏したものの、地味に使いにくい面があったので対処法などをメモ。UVIだけでなく、多くのサンプル音源に対して同じことが言えると思う。 音量が不足しがちな件ノーマライズで音量を上げればよい。場合によってはコンプ…

iMac到着&メモリ増設の巻

注文していたiMacが到着したので、Amazonで最安値だったTranscendの32GBメモリを4枚増設しました。 無事認識されて128GBで動いてます。 自分は32GBのメモリを1つ12,900円で購入しています。現状、15000円を切るのはTranscendだけではないかと思います。イー…

もうじきiMacが届きます&今後の予定の巻

harnoncourt.hatenablog.com こちらの日記で発注していたiMacですが、セキュリティの問題でクレジットが通らなかったのでいったんキャンセルして、内蔵SSDを4TBに増量して再注文しました(今度はクレジット会社に連絡して通してもらいました)。そんな経緯が…

宇宙戦艦ヤマト完結編サントラ Symphony of the Aquarius 採譜の進行状況の巻

オーケストラパートのざっくりとした採譜は7月中に終わっていて、ピアノパートの採譜とオケのブラッシュアップをやっています。お盆休み中にひとまず終わらせたかったのですけど無理でした。ピアノの採譜はあと10小節といったところです。記譜ソフト(musesc…

ヤマトよ永遠に 音楽集PART 2 -サーシャ(澪)に捧ぐ- を演奏してUPしましたの巻

ヤマトよ永遠に 音楽集PART 2 -サーシャ(澪)に捧ぐ- を演奏してみた(楽譜付き) 久しぶりにオーケストラつきのピアノ曲を演奏してみました。トランペット、ホルン、チューバに先日購入したばかりのUVI Orchestra Suiteという音源を使っています。ピアノ…

iMac 2020 27inch Retina 5Kモデルを発注しましたの巻

DTM用で使っているiMacがLate 2013モデルで、昨年あたりからそろそろ買い替えたいと思っていました。そこでiMac 2019を夏のボーナスで買おうと思って構成や他の周辺機器などをいろいろ検討していたのですが、Appleのサイトで表示される納期がどんどん遅れて…

MOTU Digital Performer をがんばって使っているの巻

DTM

自分がDTMで音楽を録音するときはいつもDominoというMIDIシーケンスソフトで作り込んで、それをDAWのDigital Performer(DP)にインポートしてオーディオを録音&ミックスして、Ozoneでマスタリング、という極めて古典的なウォーターフォール式のワークフロ…

JAPAN LIVE FROM THE BUDOKAN - TOKYO FM, 1982 の巻

CD

JAPAN の解散ツアー日本武道館での公演を収録したライブ版2枚組CDです。ラジオ放送用の音源ということで、今ごろ発売になりました。 From The Budokan Tokyo Fm 1982 アーティスト:Japan 発売日: 2020/08/07 メディア: CD 解散ツアーのライブ録音は、公式が…

UVI Orchestral Suiteの巻

DTM

Orchestral Suite | Official Trailer UVI ここしばらくオーケストラ音源をいろいろ探しているのですが、PC環境が貧弱なので(SSDの空きが100GBくらいしかない)容量が小さい音源を探していてこれに行き着きました。総容量たったの4GBです。各楽器のデータ量…

オセチンスカヤ(ピアニスト)のYouTubeチャンネルができていたの巻

以前書いた日記で絶賛していたピアニストです。 harnoncourt.hatenablog.com J.S.Bach Piano Concerto in D Minor BWV 1052 Polina Osetinskaya Anton Gakkel 絶賛したのはこのバッハの協奏曲です。久しぶりにこの動画を見たところ「みんなー!このピアニス…

Symphony of the Aquarius よもやま話の巻

宇宙戦艦ヤマト 完結編(1983年)サントラのSymphony of the Aquariusを採譜し始めた件は前回書きましたが、今回はその作曲者であるハネケンこと羽田健太郎氏が関わった他の作品の話です。 Symphony of the Aquariusは、ヤマトシリーズの劇伴としては初の本…