音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

オーディオ屋に行ってきたの巻

ゴールドムンドのパワーアンプMimesis28Evoの修理をしたのです。もう3回目です。音は最高ですが、ハズレ機種だと思います。そこでこれを下取りに出して新しいアンプを買おうと思い、オーディオ屋(SIS)に行ってきました。目をつけたのは結局ゴールドムンドのSR(笑)。小型のモノパワーアンプで、左右1台ずつ計2台使います。音はいつものムンドの音で、満足です。本体も重すぎず、ひ弱な私でも持ち上げられます(28Evoは持ち上げられなかった)中古で37万円とのこと。28Evoを下取りしてもらうと、10万円以下で手に入るので、即決しました。
オーディオ屋ではいろいろ試聴したのですが、Celloのプリアンプはアンバランス接続だとインピーダンスが合わない?みたいで、クラシックCDだと音がひずみまくりでした。ポップスやジャズはなぜか平気。ひずむ場合はプリアンプの入力ゲインを下げればいいのですが、目に見えて音痩せしてスカスカになってしまいます。高価な機器(CDプレーヤーはLINN CD-12。定価280万w)を使ってもインピーダンスの相性が悪いと悲惨な音になってしまうことがわかり、怖かったです。私はムンドのプリアンプを使っているので、パワーもムンドにしたほうがいいとのこと。こういうメーカーは独自な設計になっていることが多いので、同一メーカーで揃えるのが無難なようです。でもムンドのCDプレーヤは高すぎて手が出ませんが。LINNのCD-12も音はともかく(全体に甘めのトーン)、メカニカルな造りがなにもかも徹底して美しくて見ほれました。CDトレイの動きが加速⇒減速⇒閉じる、みたいな感じでなんだか官能的です。