読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽図鑑 - 近況報告

はてなダイアリーから移行しました。

VMwareで遊んでみたの巻

IT

このところ職場でVMwareを使った仮想化環境の構築準備をしているのですが、レガシーシステムを新しいハードウェア上で動かすための便利なツールとして使えそうだと思ったので試してみました。

レガシーシステム

7年前に導入したWindows2000ベースのシステムで、ソフトもハードも古くなってます。特にハードはやばい。いつ壊れるかわかんないし、壊れたら代替部品がありません。ソフト的には、Excel2000で作りこんだアプリなどが乗っており、WindowsXP/Office2007環境では動きません。なので、現状のシステムに手を加えず、そっくりそのまま新しいハードウエア上に用意した仮想化環境に移したいのです。

やり方

とっても簡単です。VMware Converterというツールを使うと、右から左へコピーするがごとく、コンピュータの中身をまるっと移動できます。拍子抜けするくらい簡単。

  1. 移行先サーバにVMware環境*1と共有フォルダを用意しておく。
  2. 移行元にVMware Converterをインストールする。*2
  3. インストール終了時に再起動が促されるので再起動する。
  4. VMware Converterを起動し、移行処理を行う。*3このとき、IPアドレスやマシン名は変えないようにし、極力手を加えずに移行するのがポイント。*4
  5. 移行処理が終わったら、移行元サーバは電源を落とすかネットワークケーブルを抜いておく。*5
  6. 移行先で、VMマシンのファイルを開く(マシン名.vmxファイルをダブルクリック)
  7. 元の環境がそのまま移行されている。必要があれば、ここで設定を変更する。*6
  8. 仮想マシンVM)を起動する。
  9. VGAモードでWindows2000があっという間に起動し、次々と勝手にハードウエアが認識されていく。*7
  10. 最後にディスプレイだけ自動認識できず、ドライバインストール画面になる。これはキャンセルする。
  11. VMのOSが起動状態のままで、VM Toolsをインストールする。*8
  12. 再起動を促されるので、再起動する。
  13. 今度はディスプレイドライバのインストール画面が出ない。画面のプロパティで1024*768ピクセルを選択すると、表示領域が広がる。
  14. 以上で作業おわり。この段階で、すでに元と同じように動作しています。サーバまるごと1コの移設に1時間弱しかかかりませんでした。ラクチンで〜す。
これからやりたいこと
  • SAP R/3の開発環境*9を移行しちゃいたい。
  • たまにしか使わないあんなサーバやこんなサーバを移行して沈黙させておきたい。
  • VMotionって実用的なの?勉強しなくちゃ(汗)

*1:今回はVMworkstation6を使用

*2:リモートでの操作もできることになってるが、うまくいかない例が多い。移行元マシンで直接動かせば失敗しない。

*3:移行先の共有フォルダをDestinationにする。

*4:いろいろ変更すると、不具合があったときに原因の切り分けが難しくなる。

*5:IPが重複するので

*6:メモリを増やしました。ってか元の環境がショボすぎた!!

*7:クアッドコアマシンなのでビュンビュン進みます。気持ちいい。

*8:VM Toolsがディスプレイドライバの働きをするのです。

*9:ディスクが全然足りないっ